マーケティングとは?知っておきたいマーケティングの基本 | WEBe(ウェビー) - コンテンツ起点の販促メディア

マーケティングとは?知っておきたいマーケティングの基本

「マーケティングをしなければならない」という状況になって、すぐに行動に移すことができる人というのは非常に稀です。 こちらでは、マーケティングの基本について紹介していきますので安心して下さい。

自社の強みを知り、相手が求めていることを知ること

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉にもあるように、自分(自社または自分の推したいプロジェクト)の強みを知っていて、相手(マーケットや市場、ユーザーなど)が求めていることが分かっているのなら、マーケティングは成功したも同然です。

ここで大切なのは、自分がしていることを深く理解するということ。

マーケティングという言葉は広義・多様化しているということもあり、提唱する団体や企業によって意味が多少異なりますが、広い意味で捉えると「相手の求めているものを提供する。または調べる。」ということになります。
そのため、「相手の求めていることを知ること」、そして「自分が提供しようとしているサービスまたはコンテンツが相手の求めているものなのかということを調べること」がマーケティングの基本になります。


gpointstudio/iStock/Thinkstock


WEBを活用することで労力を半減することが出来る

近年、日本の企業では効率化が推奨されていて、少ない労力で大きな成果を上げることが求められています。
これはマーケティングに関しても同様。そこで注目されているのが、インターネットを活用する効率的なマーケティング手法です。
WEB活用のメリットは、調査を短時間・低コストで実施できたり、離れた場所にいる相手と簡単にやりとりができたりすること。
WEBを上手く活用することでマーケティングに掛かる労力を半減することが出来ます。

 

マーケティングに過剰なコストは不要

多額のコストをかけることによって自分が推したいコンテンツを売る事ができるのなら、それも立派なマーケティングです。
しかし、マーケティングに大切なのは「自分のことを知って、相手が求めているものを提供する」ということ。
そこに過剰なコストが必要でしょうか?
コストをかけなくても相手が求めていることを調査して、コンテンツに反映させることができれば、大きなマーケティング効果を得ることができるでしょう。


「マーケティング」と聞くと難しく考えてしまうかもしれませんが、簡単に言えば「市場調査」と「売り出すための戦略」ということ。誰でも簡単にできるということを理解しましょう。