なぜあの会社には優秀な人材が集まるのか。採用担当者必読!スマホ時代の人材募集 | WEBe(ウェビー) - コンテンツ起点の販促メディア

なぜあの会社には優秀な人材が集まるのか。採用担当者必読!スマホ時代の人材募集

「優秀な人材を集めたい」と人事・採用担当者が思っても、「人材不足」が叫ばれる昨今、今まで通りの求人雑誌やPC用求人サイトでは、よい人材が集まりにくくなっています。
求職者の9割がスマホ・タブレットから求人情報を見ていると言われる現在。よい人材を集めるには、まずはスマホに対応した求人サイト作りが必要です。
そして上手に人材集めをしている企業は、最近の傾向として、コンテンツマーケティングを導入して人材集めにうまく活用している会社が増えてきています。
なぜコンテンツマーケティングは優秀な人材集めに効くのか、どのようなメリットがあるのかなど事例を交えて説明します。

 

求人になぜコンテンツマーケティングが必要?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって魅力のあるコンテンツを発信し続けて、ファンを作り購買につなげるというマーケティングの手法です。
つまり、この魅力あるコンテンツを求職者に向けると、求職者のファンを作ることもできる、というわけです。
すでにその企業のファンであり、十分に知ってから応募してくるので、求職者と人事・採用担当者の意思疎通もスムーズです。 次に、求人にコンテンツマーケティングを取り入れ成功した話を紹介しましょう。

 

コンテンツマーケティングがどのように求人応募につながるのか

実際にアメリカであった話です。
日夜、大病院で働くある看護師がスマホから仕事の合間に見ていたのは、看護師のためのサイト。
ちょっとした医療行為の悩みや、患者さんとの接し方などに答えとなるコラムが載っているサイトで、いつも見ていました。
その看護師は、環境が変わり転職を考えた時、そのサイトの横の方に看護師募集のバナーを見つけたのです。信頼しているサイトからの求人なので、迷わずバナーをクリック、納得いく転職を果たしたのだそう。
何か調べ物があると、すぐに検索をする現代。そこから求人につながるのは、よくわかる話ですね。

応募者数が増えるだけではない!採用活動にコンテンツマーケティングを取り入れるメリット

国内の実際の例をもとに、より踏み込んで見ていきましょう。
ソフトウェア会社「サイボウズ」が提供する情報サイト、「サイボウズ式」。
ITや自社の働き方に関するコラムなどが掲載され、自社の認知拡大を目的として作られたオウンドメディアです。
実際に運用を開始すると、この「サイボウズ式」を見て採用に応募してくる学生が多くでてきたとのこと。22人の新卒の内「サイボウズ式」に興味を持ってくれていた人が3人。つまり、全体の14%もの採用がコンテンツマーケティング経由であったそうです。
中には「サイボウズ式」を読んでインターンを開始、そのまま入社してくれた人もいるそう。

「ハーバード・ビジネス・レビューの読者と考える「働きたくなる会社」とは?」など、「世間の人が関心があること」を切り口にした企画があり、もともとサイボウズに興味を持っていなかった人たちからも反響があるとのこと。
一方で記事を見てサイボウズのことを理解した上で、働きたいと考えたり、興味を持った上で応募するので、ミスマッチを防ぐことにも役立っているようです。

さらには、社内にも影響がありました。
「サイボウズ式」内のコラムを見て、会社や社長のやっていること・考えていることが社員にわかりやすく伝わりました。さらにはそれに対するソーシャルでの客観的な反響をみることによって、自社に対して改めて評価することができます。結果、社員のコミュニケーションにつながったり、モチベーションアップにもつながったとのことです。

コンテンツマーケティングの採用活動における主なメリットを改めてまとめてみました。

・企業のブランディングを構築できる
・応募者と企業のミスマッチを防げる
・応募者数が増える
・低コストで取り組める
・広告のように期限がなく、一度作ったコンテンツはずっと使える



自社の商品やサービスの見込み客獲得だけでなく、求人募集にも使えるコンテンツマーケティング。時代背景とともに消費者も求職者の状況も変わる今、いち早く導入したいところです。導入後のメリットも多岐に渡りますので、自社の採用活動にご検討されてみてはいかがでしょうか。
西日本新聞メディアラボのコンテンツマーケティング支援サービスはこちらから。